カテゴリ:散策( 24 )

小春日和

ポカポカと温かな日が続いています。
気温や陽射しなどの条件が揃えばいつでもどこにでも咲くのが道端の野草です。
休耕地や農道を一回りしただけで季節を間違えたかと思うほどたくさんの花が咲いてます。
ホトケノザは春の姿よりも少しひ弱な感じですが一面に群生しています。
f0000813_22545078.jpg
f0000813_2255895.jpg


ノボロギクやハルノノゲシも負けずに咲いています。
f0000813_2256453.jpg
f0000813_22561993.jpg


オオイヌノフグリは気温が下がれば霜をまとって花も葉っぱも可愛らしい砂糖菓子に変身します。そんな朝が待ち遠しいこのごろです。
f0000813_225946.jpg

[PR]
by chie-nakanishi | 2008-12-12 22:59 | 散策

養老公園

今年の紅葉はひときわ美しいように思います。
例年より冷え込みが早く台風や雨不足の影響もなく
紅葉黄葉ともに色鮮やかに目を楽しませてくれたように思います。

f0000813_23283037.jpg


今日の養老公園は小春日和に誘われてか紅葉狩りの人で大にぎわいでした。
f0000813_2329774.jpg

メインストリートを避けて山沿いの散歩道へ抜けると木洩れ日に光る紅葉を
静かに楽しむことが出来ました。
f0000813_23294196.jpg

見たままを写真に表現するのは難しいことです。
例えがたい色の中に溶け込んで目と心で楽しんで来ました。
f0000813_2330990.jpg

[PR]
by chie-nakanishi | 2008-12-02 23:37 | 散策

道を間違えて・・

久しぶりに友達と会うことになりランチをして別れた後近くの谷汲、横蔵寺の方へ行くつもりが
信号を右に曲がるのを忘れてまっすぐ走ってしまいました。
薄墨桜の看板を見てやっと根尾村まで来てしまったことに気が着いて引き返しました。
f0000813_21113156.jpg
f0000813_21123593.jpg

根尾川沿いの紅葉がまだ残っていて天気は下り坂でしたがまだ薄陽が射しています。
川の水はいかにも冷たそうですが美しく澄み渡っています。
吊り橋は傷んでいて渡れなくなっています。

何の木?遠目にも大木で幹にはびっしりとツタが絡まっています。
f0000813_21142735.jpg

小学校
f0000813_2114498.jpg


何度も寄り道をしているうちに2時を回ってしまいましたが諦めきれずに横蔵寺だけ寄ることにしました。紅葉はもうほとんど終わりでどこもかしこも落ち葉の絨毯です。

f0000813_21172213.jpg
f0000813_21173683.jpg


雨上がりの光に誘われてついつい長居してしまいました。
f0000813_21185080.jpg
f0000813_21193918.jpg


帰り道の小さな公園も気になり欲張って車を止めました。
道の奥が気になりますがまた春にでも出かけることにします。
f0000813_21214068.jpg


f0000813_21223614.jpg


思いがけなく名残の紅葉に出会えて道に迷うのも悪くないです(^^;
[PR]
by chie-nakanishi | 2008-11-27 21:23 | 散策

奥伊吹の紅葉 2

ブンゲン山頂からの眺望です。
国見岳、伊吹山が折り重なり西方には琵琶湖が広がります。

f0000813_21572768.jpg
f0000813_21575668.jpg


ヤドリギ
f0000813_21562685.jpg


f0000813_21571170.jpg


そのまま尾根を歩きましたが道がわからずスキー場へ降りることになりました。

アカモノ

f0000813_22104735.jpg


ナナカマド

f0000813_22133236.jpg

草むらの紅葉をのぞき込み、また両側の山肌を何度も見上げては
午後の陽に輝くパッチワークに感動してブンゲンに別れを告げました。
f0000813_2294781.jpg
f0000813_2210117.jpg
f0000813_22103018.jpg


f0000813_22142398.jpg

[PR]
by chie-nakanishi | 2008-11-14 22:15 | 散策

奥伊吹の紅葉 1

夜遅く入ったお誘いのメールで奥伊吹へ出かけて来ました。
この日が最高かと思えるようなタイミングの良さです。
スッキリと抜けるような青空に雲も風もなく絶好の紅葉狩り日和でした。

麓の民宿では主のご夫婦が庭いっぱいにむしろを広げて薬草干しに忙しそうでした。

ご挨拶をしてから朝陽に向かって歩き始めます。
f0000813_20492594.jpg


小高い丘を一旦下って谷川を渡り尾根道へと上がります。

f0000813_20514373.jpg



ほとんどが登りっぱなしの急騰で左手のスキー場をぐるりと巻いて山頂を目指します。
上部の木々はもう裸で雪をまつ準備をしています。

f0000813_20543697.jpg


少し見晴らしがよくなって山肌に紅葉が美しいパッチワークが広がります。

f0000813_20562213.jpg
f0000813_20564291.jpg


息が上がってきますが登るごとに開けてくる景色に元気づけられてめでたく登頂です。
f0000813_2101918.jpg

[PR]
by chie-nakanishi | 2008-11-13 21:01 | 散策

冬の足音

蛭ヶ野から荘川へおなじみのコースをたどりました。
分水嶺を超えるともう初冬の空気が漂っています。
森の入り口で最後の紅葉が色鮮やかでした。
f0000813_18461553.jpg

他の広葉樹は葉を落とし黄色くなったカラマツのトンネルを抜けます。

f0000813_18464475.jpg
見晴らしがよくなった森の中は明るく鳥の声と私が踏む落ち葉の音が
カサカサと鳴ります。
高原の別荘地もひっそりとして雪を待つばかりです。

f0000813_18395557.jpg

f0000813_18472125.jpg


帰りはのんびりと長良川に沿って国道156号腺を美濃へ下ります。
白鳥から大和、郡上八幡への道は今まさに紅葉のパッチワークです。
f0000813_18504072.jpg

f0000813_1851096.jpg
f0000813_18511961.jpg


いつものように道の駅へ寄り温泉に入って温まって帰りました。
[PR]
by chie-nakanishi | 2008-11-09 18:52 | 散策

晩秋の三河路


ムラサキセンブリが咲くともう野の花も見納めです。
それでもまだ他にエンシュウハグマ、コウヤボウキ、オケラ、アザミの仲間やワレモコウなどが
晩秋の里山を惜しみなく彩っていました。
風があるものの温かくあぜ道の隅には時を間違えたスミレが戸惑うように咲いています。

ムラサキセンブリ
f0000813_22125398.jpg


エンシュウハグマ
f0000813_22121214.jpg


コウヤボウキ
f0000813_22135119.jpg


オケラ
f0000813_2215237.jpg


スミレ
f0000813_22265615.jpg

[PR]
by chie-nakanishi | 2008-11-01 22:16 | 散策

天生湿原

夫の誘いで念願の天生湿原へ出かけました。
東海北陸自動車道が白川まで開通して便利になったと言っても私の運転では
ちょっと遠すぎて躊躇してうたのです。
麓の紅葉は見頃でしたが湿原も籾糠山も裸ん坊で冬を待っていました。
でも・・・探せば宝も落ちています。

朝霧が上がって陽が射してきました。
f0000813_2357088.jpg


ヤドリギです。
f0000813_23574870.jpg


マイヅルソウの実
f0000813_23583517.jpg


アリノトウグサ
f0000813_23595749.jpg

[PR]
by chie-nakanishi | 2008-10-26 00:00 | 散策

秋を拾い集めて


農道や堤防の草むらは日没前のわずかな時間

物言わぬ足もとの草たちが

消えゆく光を引き留めて見事な競演を見せてくれます。

f0000813_21173338.jpg


f0000813_2117589.jpg


f0000813_21181889.jpg


f0000813_21184417.jpg


よく晴れた秋の日の午後ならではの光景です。
[PR]
by chie-nakanishi | 2008-10-09 21:23 | 散策

久々に三河路の秋

エンシュウハグマに逢いたくて少人数のオフ会を企画しました。

f0000813_20313425.jpg

エンシュウハグマ

師匠のO先生にガイドをお願いして野草好きのお仲間と
秋の三河路観察会です。

f0000813_20321847.jpg

センブリ

花のスポットを転々と移動しながら先生の説明を一言一句聞き入ってメモを取る人
撮影に熱中する人、珍しい野草を見つけては興奮する人様々に楽しんだ秋の一日でした。

f0000813_20324450.jpg

セキヤノアキチョウジ

子供のように自然の中に溶け込む大人たちの真剣なお遊びをまた企画したいと思います。
皆様お疲れ様でした。先生ありがとうございました。
[PR]
by chie-nakanishi | 2008-10-06 20:33 | 散策