<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お猿さん

鈴鹿山麓で野草散策の帰り道、猿の集団に出くわしました。
十数匹の猿がカメラを向けると散り散りに田畑を駆けて行きます。
まだここの猿は人を恐れるようですが数匹は民家の屋根によじ登り
遠巻きにこちらの様子を見ては少しずつ移動して結局また畑の向こうに
逃げて行きました。彼らの動きはとてもユーモラスでたまたま通りかかった
私たちには楽しい数分間でしたが日頃はいろんな悪さをしているであろうこの
猿たちに地元住民の苦労を思いました。

f0000813_2216140.jpg
f0000813_22161756.jpg
f0000813_22163042.jpg


時々銃による追い払いも行われているとのこと。
猿、猪、熊、狸など、彼らには人間の動きはどんなふうに見えているのでしょうか。
[PR]
by chie-nakanishi | 2007-03-30 22:27 | 自然

春は・・

卒業、入学、結婚式・・・イベントは一度にやって来る・・・ってわけじゃあありませんがこの2週間我が家は花工場でした。寝ても覚めても花の色と香りに包まれて・・なんて幸せなんでしょう。
それも他所様のお祝い事でこんなにも幸せな気分になれるのも花に触れる暮らしがあるからです。イベントにかかわらず花は常に心を豊かにしてくれるものですが幸せとは誰かの幸せを祈ることかもしれませんね。
花嫁さんの未来に幸あれと祈りつつブーケを作りました。
f0000813_1941133.jpg
f0000813_19412271.jpg

[PR]
by chie-nakanishi | 2007-03-24 19:51

月見の森

森といっても麓には道の駅、山の中腹には温泉がありいくつものハイキングコースが作られている開けた森です。
昨日は午前中の仕事を終えて森と里山の古いお寺に立ち寄りました。
お寺のお庫裏様はいつお邪魔してもにこやかで住職様と共に10分ほど世間話をさせて頂いてお庭のショウジョウバカマやミヤマカタバミなどを見せて頂きました。
f0000813_23172233.jpg
f0000813_23174330.jpg

f0000813_2318247.jpg

境内には池が2カ所あり季節によって様々な花が楽しめるとっておきのお寺です。
お庫裏様のお気に入りはリュウキンカ。
f0000813_23214041.jpg
f0000813_23215495.jpg

明るい黄色でまだ寒い春先に咲くので見ていると暖かくなるのだそうです。
そうですね、春の黄色は心温まる色ですね・・・。
森の入り口もショウジョウバカマが咲き始めていました。
f0000813_23231163.jpg

さあ今日はどのコースを歩こうか・・・たまにはこちらから行ってみようといつもは避けて通るコースに入ってみるとガレた斜面に紫色が目に飛び込んできました。
f0000813_23274265.jpg

数株のシハイスミレです。
この森はスミレがたくさん咲きます。
コブシやツツジ、桜が次々と山を染めるのももうすぐです。
他にヒサカキやフキノトウなどを見ながら温泉の前に出ました。
ついつい吸い込まれ・・・濃尾平野が一望できる露天風呂です。
すぐ下はいつも帰り道になるミカン畑のコースが麓に延びています。
養老がうっすらと雪化粧していますが空は春色です。
f0000813_23292473.jpg

[PR]
by chie-nakanishi | 2007-03-17 23:33 | 自然

世代交代

10数年使ったフードプロセッサーの刃が変形したまま使っていたら妙な音がして動きも悪く
このまま使い続けていると怪我をしそうでついに買い換えました。
f0000813_20582289.jpg

f0000813_20584285.jpg

これまでのはシンプルで食材を砕くだけの機能でしたが今度のはスライス、みじん切り、おろし
パン生地をこねる機能もついた優れもの(使いこなせば・・の話)で音も静かで容器は強化ガラスで丈夫そうだしコードリールも収納式です。
さっそくいといろ試して見ました。
f0000813_2059592.jpg

練り梅と梅ニンニク、苺のタルトはタルト生地をこねてみました。
焼きチーズケーキのビスケットを砕くのもバターと合わせてこねるのもあっという間です。
f0000813_20593581.jpg
f0000813_20595147.jpg

キャベツのスライスは時間があれば包丁で丁寧に刻んだ方が綺麗に仕上がるような気がします。よーくかんがえよー道具はダイジダヨー♪
[PR]
by chie-nakanishi | 2007-03-14 21:01 | 暮らし

吹雪の中で

7日に出かけた鈴鹿の山裾に再び出かけました。
晴れたり曇ったり細かい雪がちらついて時折吹雪になりました。
f0000813_22424016.jpg

女性4人「寒い、寒い」といいつつも花にとりつかれてしまったら最後、誰も動きません。
この吹雪の中でふるえながら咲いている春の花たちを諦めて帰るなんてできないのです。
f0000813_2243912.jpg

沢沿いの公園で危険な場所ではなかったのですが吹雪はおさまらず心を残しながら早めに切り上げて来ました。帰りの車の中では花の話題にまた花が咲いて寒かったけど素敵なオフ会でした。
f0000813_2243362.jpg

[PR]
by chie-nakanishi | 2007-03-11 22:53 | 散策

キュウリグサ

花は1ミリほどの小さな野草ですがこの花見れば見るほど可愛い花。
そんな花はたくさんあるのですが赤ちゃんがおくるみにくるまれたような咲き始めの
初々しさ、成長すると一生懸命背伸びして小さな競争を繰り広げています。
葉をもむとキュウリの香りがするらしいのですがもんで見たことありません。
f0000813_853329.jpg
f0000813_861438.jpg
f0000813_862897.jpg

[PR]
by chie-nakanishi | 2007-03-08 08:06 | 自然