<   2008年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

薪窯焼成

84才の陶芸家が持つ伊勢窯は彼が一人で煉瓦を積み上げて作った穴窯です。
毎年この窯を借りて陶芸教室の作品を焼かせて頂くのですが
それも今回で最後になりそうです。
f0000813_21145891.jpg

薪を入れて薪が燃え上がる時はは温度が下がります。
煙突の煙が消えて薪が熾き火になると窯の温度が上がっていきます。
温度が再び下がり始めたらまた薪を入れます。
この作業を延々と三日三晩続けて窯出しまで1週間冷まします。
f0000813_21152041.jpg

f0000813_21155524.jpg

いつも思います。
作品を形にするまでが人の手で出来ること。
あとは窯任せなのです。どうなります事やら??
[PR]
by chie-nakanishi | 2008-10-30 21:22 | 陶芸

お猿さん

先日陶芸の薪窯焼成があり三重県の里山にある穴釜に出かけました。
鈴鹿山系が連なる麓は伊勢茶の茶畑が広がっています。
どこからともなく猿の群れが飛び出てきて我が物顔で走り回っています。
こちらをちらちら見ながら一応は警戒しているのでしょうか??
近くの小学校は下校の時間で子供たちもたくさんいましたが危険ではないのでしょうか
子供たちも慣れているのかもしれませんが・・。
f0000813_20572574.jpg
f0000813_20574864.jpg

[PR]
by chie-nakanishi | 2008-10-30 20:59 | 自然

天生湿原

夫の誘いで念願の天生湿原へ出かけました。
東海北陸自動車道が白川まで開通して便利になったと言っても私の運転では
ちょっと遠すぎて躊躇してうたのです。
麓の紅葉は見頃でしたが湿原も籾糠山も裸ん坊で冬を待っていました。
でも・・・探せば宝も落ちています。

朝霧が上がって陽が射してきました。
f0000813_2357088.jpg


ヤドリギです。
f0000813_23574870.jpg


マイヅルソウの実
f0000813_23583517.jpg


アリノトウグサ
f0000813_23595749.jpg

[PR]
by chie-nakanishi | 2008-10-26 00:00 | 散策

愛すべき食材

紅玉は生協に注文、レモンは生産者から通販で購入。
どちらも秋限定で趣味のお菓子作りには欠かせないのです。
大豆や小麦粉などの国産食材も店頭に多く出回るようになりましたが
もう少し安くなるといいですねイチジクはボランティアのお仲間から自家製の完熟イチジクをたくさん頂きました。
生食にコンポートにジャムとすべて使い切りました。
こうして見ると秋のフルーツは美味しいだけでなく色もシックで大人っぽくおしゃれですね。
フルーツのテーブルアレンジメントです。
f0000813_2382574.jpg

[PR]
by chie-nakanishi | 2008-10-24 23:18 | 暮らし

伊吹山2

21日のDWと山頂でボランティア活動でした。
10月も下旬と言うのに異常に温かく雲も風もなく冬装備は
お荷物になってしまいました。
北尾根は紅葉のパッチワークが始まっていました。
f0000813_23218100.jpg


山頂は一面の枯れ野原 東遊歩道です。
f0000813_2335070.jpg

草紅葉や低木の紅葉を探しながら歩きました。

キンミズヒキ
f0000813_2365833.jpg


イワアカバナ
f0000813_238770.jpg


タカトウダイ
f0000813_23944.jpg
f0000813_2393644.jpg


シモツケ
f0000813_2311198.jpg


ゲンノショウコの実は可愛いですね。
ミコシグサとも言われますが私にはガッツポーズにみえるのです。
f0000813_231304.jpg


ツルリンドウ
f0000813_23144048.jpg


DWも北尾根も静かに冬に向かっています。
f0000813_23154231.jpg

f0000813_23161085.jpg

[PR]
by chie-nakanishi | 2008-10-22 23:16 | 自然

伊吹山

今年年内に伊吹山へ行く回数も残りわずかになってきました。
登山、ボランティア、散策・・・。
3合目、山頂、北尾根、笹又道、そして麓の集落や近辺の里山など。
今年も歩いて歩いてたくさんの”伊吹”に自然の息吹を感じて秋を迎えました。

f0000813_19512297.jpg


f0000813_1952148.jpg


f0000813_19522578.jpg


f0000813_1953689.jpg

[PR]
by chie-nakanishi | 2008-10-20 19:55 | 自然

蜘蛛の巣がいっぱい

雨上がりの朝、日光川は川霧に朝日が差し込んで堤防の草むらも川面も
”蜘蛛の巣”も??輝いていました。

高層マンション
f0000813_1942184.jpg


2世代住宅
f0000813_19423139.jpg


一戸建て豪邸
f0000813_19431247.jpg


新築中
f0000813_19434092.jpg


空き屋・・・。
f0000813_19455777.jpg

[PR]
by chie-nakanishi | 2008-10-16 19:46 | 日光川

アサギマダラもそろそろ

森の中でヒラヒラと優雅に舞うアサギマダラ。
心なしか寂しげに見えたのは渡りの季節だから
私の方が寂しかったのかもしれません。
今年もずいぶん楽しませてくれました。
目的地へ無事にたどり着きますように・・・。
f0000813_22543832.jpg

[PR]
by chie-nakanishi | 2008-10-10 22:55 | 自然

秋を拾い集めて


農道や堤防の草むらは日没前のわずかな時間

物言わぬ足もとの草たちが

消えゆく光を引き留めて見事な競演を見せてくれます。

f0000813_21173338.jpg


f0000813_2117589.jpg


f0000813_21181889.jpg


f0000813_21184417.jpg


よく晴れた秋の日の午後ならではの光景です。
[PR]
by chie-nakanishi | 2008-10-09 21:23 | 散策

久々に三河路の秋

エンシュウハグマに逢いたくて少人数のオフ会を企画しました。

f0000813_20313425.jpg

エンシュウハグマ

師匠のO先生にガイドをお願いして野草好きのお仲間と
秋の三河路観察会です。

f0000813_20321847.jpg

センブリ

花のスポットを転々と移動しながら先生の説明を一言一句聞き入ってメモを取る人
撮影に熱中する人、珍しい野草を見つけては興奮する人様々に楽しんだ秋の一日でした。

f0000813_20324450.jpg

セキヤノアキチョウジ

子供のように自然の中に溶け込む大人たちの真剣なお遊びをまた企画したいと思います。
皆様お疲れ様でした。先生ありがとうございました。
[PR]
by chie-nakanishi | 2008-10-06 20:33 | 散策