冬の足音

蛭ヶ野から荘川へおなじみのコースをたどりました。
分水嶺を超えるともう初冬の空気が漂っています。
森の入り口で最後の紅葉が色鮮やかでした。
f0000813_18461553.jpg

他の広葉樹は葉を落とし黄色くなったカラマツのトンネルを抜けます。

f0000813_18464475.jpg
見晴らしがよくなった森の中は明るく鳥の声と私が踏む落ち葉の音が
カサカサと鳴ります。
高原の別荘地もひっそりとして雪を待つばかりです。

f0000813_18395557.jpg

f0000813_18472125.jpg


帰りはのんびりと長良川に沿って国道156号腺を美濃へ下ります。
白鳥から大和、郡上八幡への道は今まさに紅葉のパッチワークです。
f0000813_18504072.jpg

f0000813_1851096.jpg
f0000813_18511961.jpg


いつものように道の駅へ寄り温泉に入って温まって帰りました。
[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-11-09 18:52 | 散策

窯出し

薪窯に作品を入れて焼成のあと待ちに待った窯出しの日です。
煉瓦を積み上げた蓋を丁寧にはずして中をのぞき込むと
並んでいます。
f0000813_22333762.jpg


工房の仲間がそれぞれに思いを込めて作った個性溢れる作品が。
f0000813_22342616.jpg
f0000813_22344772.jpg


一つ一つ取り出されるごとに灰の掛かり具合やビードロの流れ具合全体の色など
自分の作品はもちろん仲間の作品も皆気になります。
今回は温度も順調に上がり灰も均一にかかったようで全体的に良い作品に仕上がったとの
先生の評でした。

で・・・私の作品です。
ぽってりとした小ぶりの花器をヒモ作りで仕上げたものです。
f0000813_22393516.jpg

手で押さえた場所に灰がたまりガラス質のビードロが流れました。
形がいびつですがまあ、、、これでもうまくいったほうです。
課題は常に残りますが当分穴窯での焼成は出来なくなりました。
f0000813_22395841.jpg

伊勢窯ともお別れです。
この窯で4回お世話になりました。
寂しくなりますが皆で片づけと掃除をして帰りました。
f0000813_22442480.jpg

[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-11-05 22:44 | 陶芸

晩秋の三河路


ムラサキセンブリが咲くともう野の花も見納めです。
それでもまだ他にエンシュウハグマ、コウヤボウキ、オケラ、アザミの仲間やワレモコウなどが
晩秋の里山を惜しみなく彩っていました。
風があるものの温かくあぜ道の隅には時を間違えたスミレが戸惑うように咲いています。

ムラサキセンブリ
f0000813_22125398.jpg


エンシュウハグマ
f0000813_22121214.jpg


コウヤボウキ
f0000813_22135119.jpg


オケラ
f0000813_2215237.jpg


スミレ
f0000813_22265615.jpg

[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-11-01 22:16 | 散策

薪窯焼成

84才の陶芸家が持つ伊勢窯は彼が一人で煉瓦を積み上げて作った穴窯です。
毎年この窯を借りて陶芸教室の作品を焼かせて頂くのですが
それも今回で最後になりそうです。
f0000813_21145891.jpg

薪を入れて薪が燃え上がる時はは温度が下がります。
煙突の煙が消えて薪が熾き火になると窯の温度が上がっていきます。
温度が再び下がり始めたらまた薪を入れます。
この作業を延々と三日三晩続けて窯出しまで1週間冷まします。
f0000813_21152041.jpg

f0000813_21155524.jpg

いつも思います。
作品を形にするまでが人の手で出来ること。
あとは窯任せなのです。どうなります事やら??
[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-10-30 21:22 | 陶芸

お猿さん

先日陶芸の薪窯焼成があり三重県の里山にある穴釜に出かけました。
鈴鹿山系が連なる麓は伊勢茶の茶畑が広がっています。
どこからともなく猿の群れが飛び出てきて我が物顔で走り回っています。
こちらをちらちら見ながら一応は警戒しているのでしょうか??
近くの小学校は下校の時間で子供たちもたくさんいましたが危険ではないのでしょうか
子供たちも慣れているのかもしれませんが・・。
f0000813_20572574.jpg
f0000813_20574864.jpg

[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-10-30 20:59 | 自然

天生湿原

夫の誘いで念願の天生湿原へ出かけました。
東海北陸自動車道が白川まで開通して便利になったと言っても私の運転では
ちょっと遠すぎて躊躇してうたのです。
麓の紅葉は見頃でしたが湿原も籾糠山も裸ん坊で冬を待っていました。
でも・・・探せば宝も落ちています。

朝霧が上がって陽が射してきました。
f0000813_2357088.jpg


ヤドリギです。
f0000813_23574870.jpg


マイヅルソウの実
f0000813_23583517.jpg


アリノトウグサ
f0000813_23595749.jpg

[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-10-26 00:00 | 散策

愛すべき食材

紅玉は生協に注文、レモンは生産者から通販で購入。
どちらも秋限定で趣味のお菓子作りには欠かせないのです。
大豆や小麦粉などの国産食材も店頭に多く出回るようになりましたが
もう少し安くなるといいですねイチジクはボランティアのお仲間から自家製の完熟イチジクをたくさん頂きました。
生食にコンポートにジャムとすべて使い切りました。
こうして見ると秋のフルーツは美味しいだけでなく色もシックで大人っぽくおしゃれですね。
フルーツのテーブルアレンジメントです。
f0000813_2382574.jpg

[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-10-24 23:18 | 暮らし

伊吹山2

21日のDWと山頂でボランティア活動でした。
10月も下旬と言うのに異常に温かく雲も風もなく冬装備は
お荷物になってしまいました。
北尾根は紅葉のパッチワークが始まっていました。
f0000813_23218100.jpg


山頂は一面の枯れ野原 東遊歩道です。
f0000813_2335070.jpg

草紅葉や低木の紅葉を探しながら歩きました。

キンミズヒキ
f0000813_2365833.jpg


イワアカバナ
f0000813_238770.jpg


タカトウダイ
f0000813_23944.jpg
f0000813_2393644.jpg


シモツケ
f0000813_2311198.jpg


ゲンノショウコの実は可愛いですね。
ミコシグサとも言われますが私にはガッツポーズにみえるのです。
f0000813_231304.jpg


ツルリンドウ
f0000813_23144048.jpg


DWも北尾根も静かに冬に向かっています。
f0000813_23154231.jpg

f0000813_23161085.jpg

[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-10-22 23:16 | 自然

伊吹山

今年年内に伊吹山へ行く回数も残りわずかになってきました。
登山、ボランティア、散策・・・。
3合目、山頂、北尾根、笹又道、そして麓の集落や近辺の里山など。
今年も歩いて歩いてたくさんの”伊吹”に自然の息吹を感じて秋を迎えました。

f0000813_19512297.jpg


f0000813_1952148.jpg


f0000813_19522578.jpg


f0000813_1953689.jpg

[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-10-20 19:55 | 自然

蜘蛛の巣がいっぱい

雨上がりの朝、日光川は川霧に朝日が差し込んで堤防の草むらも川面も
”蜘蛛の巣”も??輝いていました。

高層マンション
f0000813_1942184.jpg


2世代住宅
f0000813_19423139.jpg


一戸建て豪邸
f0000813_19431247.jpg


新築中
f0000813_19434092.jpg


空き屋・・・。
f0000813_19455777.jpg

[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-10-16 19:46 | 日光川