アサギマダラもそろそろ

森の中でヒラヒラと優雅に舞うアサギマダラ。
心なしか寂しげに見えたのは渡りの季節だから
私の方が寂しかったのかもしれません。
今年もずいぶん楽しませてくれました。
目的地へ無事にたどり着きますように・・・。
f0000813_22543832.jpg

[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-10-10 22:55 | 自然

秋を拾い集めて


農道や堤防の草むらは日没前のわずかな時間

物言わぬ足もとの草たちが

消えゆく光を引き留めて見事な競演を見せてくれます。

f0000813_21173338.jpg


f0000813_2117589.jpg


f0000813_21181889.jpg


f0000813_21184417.jpg


よく晴れた秋の日の午後ならではの光景です。
[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-10-09 21:23 | 散策

久々に三河路の秋

エンシュウハグマに逢いたくて少人数のオフ会を企画しました。

f0000813_20313425.jpg

エンシュウハグマ

師匠のO先生にガイドをお願いして野草好きのお仲間と
秋の三河路観察会です。

f0000813_20321847.jpg

センブリ

花のスポットを転々と移動しながら先生の説明を一言一句聞き入ってメモを取る人
撮影に熱中する人、珍しい野草を見つけては興奮する人様々に楽しんだ秋の一日でした。

f0000813_20324450.jpg

セキヤノアキチョウジ

子供のように自然の中に溶け込む大人たちの真剣なお遊びをまた企画したいと思います。
皆様お疲れ様でした。先生ありがとうございました。
[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-10-06 20:33 | 散策

いつもと違う場所へ

歩き慣れた道からほんの少し逸れて薄暗い森の中へ入るとそこはもう未知の秘境。
f0000813_1632985.jpg

獣道よりほんの少し広い林道がくねくねと続いて奥へ奥へと
案内されました。行く手に何が待っているのかどんな場所へ行くのか・・こんな感覚は久しぶりですちょっとした探検気分です。
f0000813_16313722.jpg

普段は横目で通り過ぎるだけの
谷川や集落の裏山には懐かしさとミステリーと嬉しい発見が隠れています。
f0000813_16324129.jpg

野の花も少なくなったこの時期は探す時間がたっぷりと楽しめました。

f0000813_1633177.jpg

[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-10-03 16:46 | 散策

お休み・・

里山に出かけた日は実はボランティアの活動が
朝になって中止とわかりさああ・・どうしましょうとほんの数秒躊躇して用意したお弁当とリュックをとりあえず車に積んであとはまっすぐ高速・東海北陸自動車道へ(^^)/GO!!
まずは里山行って、次は森を歩いてお弁当食べて湿原へ寄り仕上げにソフトクリームを食べて
帰るのがおきまりのパターン・・だったのですが。
今日はソフトもいいけどこないだヤマブドウのアイスも美味しかったしmixでもいいかな・・。
本当は3つくらいいけそうだけどいつも一つで我慢するのです。
乾いた喉にもうすぐよ・・と言い聞かせてお店の前に立ち、呆然・・・そんなあ(;+ o +;)

どうしたんだろう??真冬以外は閉まってたことないのに・・。
ここのソフトクリーム美味しいですよ。
場所は分水嶺公園の入り口です。
f0000813_2217947.jpg


ぬるくなったミネラルウオーターを流し込んでノンストップで帰ってきました。
6キロ走れば蛭ヶ野サービスエリアのスマートインターです。
便利になりました。また行くぞ!ソフトクリーム食べに。
[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-09-18 22:20 | 散策

里山

久しぶりに訪ねた里山は蕎麦畑や田んぼがすっかり秋色になっていました。
f0000813_2129276.jpg

f0000813_21292967.jpg

集落に近づくと無意識に車の速度を落としています。
林では山主のおじいさんが草刈りをしていました。
f0000813_21275683.jpg

私がご挨拶をすると持っているカメラに気付いて
「ありゃー花を刈ってまったわー・・・今な、可愛いリンドウがあったに」
「ああ、ツルリンドウですね、ここで毎年咲くんです、ママコナも・・・・」
と・・・足もとを見ればママコナも無惨な姿に。
「たった今だに、わーるかったなー」と申し訳なさそうにおっしゃって下さるので
恐縮して「いえいえ・・いつもお邪魔しては楽しませて頂いています。お手入れをして下さるから
花も咲きます。ありがとうございます。」と苦笑い。
小柄で腰も曲がり始めたお年寄りには広すぎる里山ですが春から秋までいつ訪れても
農道やあぜ道林の奥まで手入れが行き届いています。
「まだ刈り残してあるところには何か咲いとるかもしれん、入ってええで」
と言われてお言葉に甘えて小一時間ほど歩きました。
f0000813_21303248.jpg


花はちゃんと咲いているし小さな湿地ではトンボさんがデート。
f0000813_21313858.jpg


休耕地にはアカバナも・・
f0000813_21334334.jpg


林の奥にはフシグロセンノウが里山の秋を彩っていました。

f0000813_2133798.jpg


おじいさんはまだ草刈りを続けています。
遠くから頭を下げておいとましました。
[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-09-16 21:37 | 散策

夏の食卓

猛暑もピークを過ぎたのか朝夕の気温がグッと下がりホッとしています。
8月前半まで何かと忙しく暑い暑いと言いながらも元気に過ごしていました。
”食べなくては”という意識が元気の元かもしれません。

田舎の兄は毎年忘れずにサザエを送ってくれます。
たっぷりあるときはこうしてサザエ丼にするのです。
子供の頃は一緒に生ウニがのっかっていたのですが・・。

f0000813_884544.jpg


庭のバジルの葉が大きくなるとピザやパスタの回数が多くなります。
あり合わせの野菜とチーズをたっぷりのせたヘルシーなピザです。

f0000813_892461.jpg


オリーブオイルとニンニ、ナッツ(アーモンドプードルなど)とバジルをフードプロセッサーにかけて塩、コショウを加えるとバジルペーストが簡単にできます。
f0000813_8131898.jpg


元気なときはこんなボリウムのある食事もいいのですが・・。

先日から少し胃腸の調子が悪くお昼を簡単にすまそうと思ってコンビニのデリカにしたら
ますますおかしくなってしまいました。コンビニが悪いというのではありません。
身体が求めてもいないものを無理矢理押し込んだ結果でした。
お腹をリセットするというか水分以外のものを控えて少し休ませてから消化の良い物を
少しから始めると良いようです。病院に行く前に良くなりそうです。
[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-08-21 08:38 | 暮らし

小物いろいろその2

黒泥の小鉢は小さな耳付き

f0000813_754264.jpg


白萩のコーヒーカップは少し大きめでぽってりとした感触です。

f0000813_7545855.jpg


浅鉢・・黒泥粘土に御深井をかけて白マットを散らして雑な模様

f0000813_7552350.jpg


浅鉢・・黒泥粘土に絵付けをして石灰透明をかけました。
f0000813_7554046.jpg

[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-08-20 08:08 | 陶芸

小物いろいろ

お盆休みは陶芸教室が開いていたので久しぶりにじっくり取り組むことが出来ました。
1月からずっと電動ロクロばかり練習していたら小さな器がたくさんできました。
コーヒーカップも椀物も最初はどうしても小さく仕上がります。
粘土の状態で大きめに作らないと素焼きと本焼きで15%小さくなることを先生から
何度言われてもうまく行きませんでしたが最近になってコーヒーカップはやっと
それらしい大きさにはなりました。
形が出来ても取っ手とのバランスや持ち味など難しいことがいろいろわかってきます。
器は手に馴染んで使い勝手がよくて入れる物が美味しくないといけませんね。
たくさん作っても気に入るのは一つ二つ・・・オブジェや花器なども作りますが普段使いの
器がいちばん難しいと知りました。

お蕎麦セット
f0000813_1953881.jpg


コーヒーカップ(ダイモンジソウ)
f0000813_19534942.jpg


コーヒーカップ(ハクサンフウロ)
f0000813_19543378.jpg


コーヒーカップ(木灰透明と鉄赤)
f0000813_19553262.jpg


他小鉢いろいろ

f0000813_1957116.jpg


f0000813_19573149.jpg

[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-08-19 19:58 | 陶芸

クロアゲハとオオルリシジミ

久々に遠出の散策を楽しんできました。
夏の高原は虫たちにもトップシーズン。
高山植物の密を求めて生き生きと飛び回っています。

f0000813_17415334.jpg

クロアゲハ

f0000813_17423436.jpg

オオルリシジミ
[PR]
# by chie-nakanishi | 2008-07-21 17:43 | 自然